Skip to content

2年後、距離は無くなる「 docomoが描く5Gの世界」

「距離という概念はなくなり、自宅にいながら、なんでもできる世界が来ます」と、「5G」の技術開発を進めるNTTドコモの5Gイノベーション推進室室長が力強く語りました。次世代通信規格「5G」は、2020年の商用サービス開始を目標に、総務省が技術開発を進めている新たな通信技術です。その特徴として、LTEの100倍を超える「高速通信」、LTEの1000倍ものユーザーを収容できる「大容量化」、無線区間の「低遅延化」、多数の端末との「同時接続」、そして「低コスト」「低消費電力」などが挙げられるのです。5月末、NTTドコモが描く5G後のテクノロジーやエンターテインメントのあり方を、5G Tokyo Bay Summit 2018で発表しました。5Gの低遅延性によって、機械の遠隔操作のリニア性が高まり、操作もより精緻に行えるようになり、そういった、遠隔操作技術を駆使したコンテンツも発表されたのです。人型ロボットを遅延なく遠隔操作できるのも5Gならではです。災害時や人が行けないところなどにロボットを派遣して人命救助するといった活用法も想定しているのです。遠隔操作

Categories: 未分類.

プリマックスの遠隔サポート

パソコンを使っている人はトラブルや操作方法、設定などで困ったことがある経験があるのではないでしょうか。
その時にパソコンに詳しい人がいれば解決できるかもしれませんが、それでも手に負えない時はサポーサービスを受けるしかありません。
サポーサービスは全てのトラブルや設定などの問題を解決してくれるので良いのですが、言葉だけでは伝わりにくいので遠隔サポートのほうが便利となります。
その遠隔サポートを行っているのがプリマックスで、遠隔サポートの利用料金はリモート接続開始から作業時間が15分までで2000円、30分までで5000円、1時間までで7000円になっています。
また、遠隔サポートで作業する内容はメールのトラブルやプログラムのバージョンアップ方法、ソフトウェアの不具合やネットワーク上の共有フォルダにアクセスできないなどの問題です。
こうしたプリマックスの遠隔サポートは電話をつないだままソフトウェアをインストールして開始できますので誰でも簡単にできると思います。

Categories: 未分類.

AI搭載、赤外線リモコン対応の家電コントローラー

Live Smartは、赤外線に対応した家電の、音声操作や外出先からの遠隔操作に対応したスマートコントローラー「LS Mini」の予約受付を開始しました。発売予定日は7月31日で、予約限定価格は4980円(税込)となります。限定価格は上限数に達し次第終了となるそうです。期間限定で、予約限定キャンペーンも行われ、期間は6月15日~7月30日となっています。購入者の中から抽選で50名に購入価格4980円がキャッシュバックされます。また、Twitter公式アカウントのフォローと該当ツイートをリツイートした人の中から抽選で10名にLS Miniがプレゼントされるとのことです。同商品は、スマートフォンなどとWi-Fiで接続し、指定した操作を赤外線リモコンに対応した家電に送信するスマートコントローラーです。対応するスマートスピーカーのGoogle Home、Amazon Echoからの音声操作や外出先からのスマートフォンでの操作にも対応しています。また、Wi-Fiデバイスとの接続も可能なため、ウェブカメラ、スマートプラグとの接続も可能です。

Categories: 未分類.

I-O DATEの遠隔サポート

インターネットを利用して問題や悩みなどを解決できるサポートはたくさんあります。
そのサポートサービスの一つに遠隔サポートがあり、利用者のパソコン画面を見ながら専門のスタッフが遠隔操作し、利用者の代わりになって解決してくれる便利なサービスです。
この遠隔サポートサービスをI-O DATEも行っており、1回3060円で最大1時間まで利用することができます。
利用できる時間は月曜日から金曜日の9時から12時と13時から17時となっており、インターネットが接続されているWindowsのみとなっています。
また、遠隔サポートを受けられるのはソフトのインストールが分からない時や無線がつながらない時、エラーメッセージが表示される時や製品の設定方法が分からない時などです。
利用方法も簡単は「リモートサポート購入」ボタンから購入したら希望日を予約し、予約時間に電話がかかってきますのでパソコンを起動してインターネットを接続した状態で待つだけと簡単です。スマホ画面共有

Categories: 未分類.

群馬大が完全自動運転へ試験路を親切!公的機関として世界最大規模

自動運転車の研究開発を進める群馬大の「次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)」が荒牧キャンパス(前橋市荒牧町4)に新設されました。敷地内に実験専用の試験路や最新の開発設備を備え、より専門的な実験を展開できる環境を整えたものです。企業などとも連携し、2020年をめどに地域を限定した完全自動運転の実用化を目指します。自動運転が実用化されれば、社会の交通システムが根底から変わり、旅客運輸業、観光娯楽、医療福祉など幅広い分野で影響が出るとみられるため、研究センターは企業とも連携し、技術面の相談を受け、今後必要となる事業の分析や実現に向けた研究開発を進めるということで。すでに研究棟には企業が使える研究室も十数室用意されています。実験車両はバスや乗用車だけでなく、8月ごろをめどにトラックや小型車など計18台を使えるようにする予定です。群馬大の平塚浩士学長は先月18日に開かれた記念式典で「県内外の企業が一つ屋根の下で人材・技術・経済的資源を集約して活動する拠点となり、地方創生の源泉として活動していく」と述べています。

Categories: 未分類.

ヤマダニューモバイルの遠隔サポート

基本動作や初期設定などで悩んでいる人は、自分では中々解決できないのでサポートサービスを受けたほうが良いのですが、そのサポートサービスを受ける時は遠隔サポートが良いでしょう。
遠隔サポートはすごく気軽に利用できて悩みを解決することができますので実際に多くの人が利用しています。
この遠隔サポートを行っている企業はたくさんありますが、その中の一つにヤマダニューモバイルがあります。
ヤマダニューモバイルの遠隔サポートは「あんしん遠隔サポート」というサービスになっており、アンドロイド端末でもiOS端末でも月額500円で利用することができます。
遠隔サポートのサービス内容は、初期設定、スマホの基本操作、SNSなどの設定、セキュリティソフト設定、外部機器設定、インターネット接続設定などがあり、専門のスタッフが丁寧に分かりやすく遠隔サポートしています。
もしスマホやパソコンのことで困ったことがあった時は、こうした遠隔サポートを利用してみるのも良いと思います。

Categories: 未分類.

「働き方改革」のウラで進む「時短ハラスメント(ジタハラ)」

同じことをやるのに時間がかかる人もいるでしょう。特にクリエイティブな仕事をしている人に、慣れないことをさせているときは、あまりに「時短」を強要しないことが肝心です。例えば、司法書士の資格をとるのに「800時間」をかけた。にもかかわらず不合格になった人がいたとします。翌年「1000時間」をかけたのだけれども不合格となりました。翌年「1300時間」かけてようやく合格したとしたら、その人には「1300時間」が必要だったということになります。しかし、「1300時間」は多すぎるので、もう少し効率よく勉強したい…。次に試験を受けるときは「1100時間」ぐらいで合格できるように工夫していこう…このように言われたら、がんばろうという気持ちになることでしょう(実際には何度も同じ資格試験を受ける人はいませんが…)。最初は合格するのに「1300時間」かかっていた人が、「1100時間」でも合格。「900時間」でも合格……と少しずつ「時短」ができるようになってくるのが本来の理想像いえそうですね。

Categories: 未分類.

「転勤族」はすでに終わってる?

「あの土地はちょっと……」「あの支社には、めんどくさそうな課長がいると聞いてます」「もっと便利な地域がいいけど…」などとワガママを言われ、不人気な支店・支社が必ず出てくることでしょう。公正に転勤を促すには、社員の言い分ばかりを聞いてはいられないのです。昨今では、転勤を言い渡されてすぐに転職を希望する人も増えているのです。将来、転勤があるような会社には行きたくない、「転勤族」になるだなんてとんでもない、と考える就活生も多いのです。100%社員の希望を叶えることは難しいでしょう。しかしひとりひとりと向き合って、それぞれのキャリアデザインを一緒に考える努力は企業サイドにあってしかるべきでしょう。少なからず、1週間前に突然の転勤辞令を出したり、第一子が生まれて間もないのに容赦なく遠方への転勤を言い渡したりといった、理不尽な対応は慎むべきといえます。「数年置きの転勤」は心身ともに大きなストレスを与えます。「働き方改革」の一環として長時間労働も是正しなければなりませんが、システマチックで、柔軟性に欠ける転勤制度もまた早急に見直す必要があるといえるのです。

Categories: 未分類.

博報堂が開発した「fuuron」が風呂上がりの最適なタイミングを知らせてくれる

博報堂は5月16日、利用者の嗜好と体調に合わせて、お風呂を出る最適なタイミングを教えてくれるIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発したと発表しました。fuuronは、湯船に浮かべて使用します。内蔵する温度センサとタイマーセンサが湯の温度と入浴時間を計測してくれ、湯温が高過ぎたり低過ぎると内蔵のLEDが点灯するものです。お風呂を出る時間になると点滅して知らせてくれ、開発にはお風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授が監修しています。利用者の嗜好と体調に合わせた複数のモードを搭載していて、「美肌モード」を設定した場合、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知するほか、「花粉症モード」「ダイエットモード」などが利用できるということです。そして、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」も備えています。これは、ロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者の異変を認知し、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される仕組みです。web会議 システム

Categories: 未分類.

遠隔サポートはWindowsにも付いていた

パソコンでトラブルが起きることは誰にだってありますし、いつ起こるかは分かりませんので困ります。
そうしたパソコンのトラブルを解決できる方法の一つに遠隔サポートがあり、実際に遠隔サポートを利用してトラブルを解決している人も多くいます。
そんな便利な遠隔サポートがWindowsの機能に付いているのをご存知でしょうか?
Windowsの標準機能にリモートアシスタンスというものがあり、一緒に画面を見ながら遠隔サポートすることができます。
メールで届いたファイルを開いて接続パスワードを入力することによって相手側のデスクトップがウィンドウ内に表示されて遠隔サポートを始めることができます。
そして利用者が許可を出すと遠隔サポートでパソコンを操作できるようになり、終わらせたいときや一時停止させたいときはリモートアシスタンスのツールバーでクリックすれば良いのです。
こうしたWindowsの遠隔サポートには注意点が一つあり、古いWindowsから新しいWindowsへの遠隔サポートはできないということです。

Categories: 未分類.