Skip to content

ハッシュタグがうまく付けられない時の対策法とは?

“インスタグラムやTwitterでよく用いられるハッシュタグ(#)を付けようと思っても、上手く付けられなかった…という経験はありませんか?ここではハッシュタグが付けられなかった時の対処方法についてまとめてみましょう。
【ハッシュタグをつけるメリットとは?】
インスタでハッシュタグをつけるメリットについてまとめてみましょう。
<より多くの人に投稿を見てもらえる可能性が高くなる>
ハッシュタグを付けた投稿と付けない投稿では、検索される頻度が異なります。投稿にハッシュタグを付けておくことで、同じハッシュタグで情報収集しているユーザーに投稿を見つけてもらいやすくなるでしょう。
<同じ趣味を持ったユーザー同士で繋がれる>
ハッシュタグを付けることで、同じ趣味を持ったユーザー同士でコミュニケーションをとれるようになります。好きなことで盛り上がれるので、よりインスタが楽しくなりますよ。
<投稿の管理が楽になる>
共通のハッシュタグが付いた投稿は、一括検索が可能です。そのため複数の投稿に共通したハッシュタグを付けて投稿すれば、投稿内容を一括管理することができますよ。企業のSNSキャンペーンなどでもよく使われる方法になります。
【上手くハッシュタグにならない時の対処法とは?】
ハッシュタグがうまく付けられない時の対策をまとめてみましょう。
<ハッシュタグの打ち間違いがないかを確認する>
ハッシュタグにならない原因として、一番多いのがハッシュタグの打ち間違いです。よくある間違いは
・「#」が全角入力になっている
・「#」が♯(シャープ)で入力されている
などがあります。
この場合、ハッシュタグとして認識されません。
ハッシュタグがうまくできない時には、間違っていないか確認しましょう。
<一部の記号・スペース、句読点を含むキーワードはハッシュタグと認識されない>
一部の記号、スペース、句読点を含むキーワードに関しては、ハッシュタグとして認識されずにそのまま途中で切れてしまうことがあります。
ハッシュタグとして使うキーワードは
・アルファベット
・日本語
・数字
で入力するようにしましょう。
<禁止ワードが含まれている>
インスタグラムのハッシュタグには、禁止ワードが設定されています。この禁止ワードが含まれている場合、ハッシュタグとして認識されません。
禁止ワードには、性的表現や差別用語が含まれます。また写真やインスタグラムなどのポピュラーすぎる単語はハッシュタグとして認識されないので注意が必要です。”

Categories: 未分類.

5G対応スマホの「Xiaomi Redmi 10 2022」とは?

“5Gではオンライン中での遅延もほとんどなくなりますので、格闘ゲームなどのスピーディーなオンラインゲームでも快適に楽しむことができ、今後はオンラインを活用したゲームが更に開発されていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi 10 2022」という5Gスマホがあり、デジカメ超えの域に達した美しい映像を撮影できる高性能カメラや外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリー、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUやどの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約181gといった扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass3を採用していますしリフレッシュレートが90Hzに対応していますので滑らかな表示でどこでも安心して使用できると思います。
CPUはMediaTek Helio G88 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”今日発売日を迎えたGalaxy S22
詳しくはこちら

Categories: 未分類.

5G対応スマホの「vivo Y74s」とは?

“従来の4Gから5Gになることで通信の利便性が高まりますし、現代社会に変革をもたらしてくれる可能性があります。
その5Gに対応しているスマートフォンは国内の機器メーカーだけではなく海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo Y74s」という5Gスマホがあり、誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリー、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約42000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約175gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはライトブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 810 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、タッチフォーカス、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Categories: 未分類.

5G対応スマホの「ROG Phone 5s Pro」とは?

“大容量データを送る時には4Gですと時間がかかってしまいますが、5Gの場合は瞬時に送ることができますのでビジネスシーンでも利用されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは海外にも様々な機種がありますが、その中の一つに「ROG Phone 5s Pro」という5Gスマホがあり、朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリーや被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラ、色鮮やかで発色が良い高精細大型ディスプレイや負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約14万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約238gというかなりの薄さと軽さを実現している薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはファントムブラックが用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2448×1080でアスペクト比20.4:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応していますのでオンラインゲームでも滑らかに楽しむことができますし、Gorilla Glass Victusを採用していますのでいつでもどこでも快適に楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888+ 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大1TB拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルフロントスピーカーやイヤホンジャック、ハイレゾ音源などに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Categories: 未分類.

5G対応スマホの「FCNT arrows We F-51B」とは?

“5Gはパソコンやスマートフォンだけではなく、身の回りのありとあらゆるものをネットワーク接続させることができますので便利な日常生活を可能にしてくれます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「FCNT arrows We F-51B」という5Gスマホがあり、動きの激しい動画なども滑らかに再生する高性能CPUや有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイ、長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーやどんなシーンでも思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したエントリークラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約71ミリ、高さ約147ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約172gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはレッド、ネイビー、パープル、ホワイトの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1520×720の約5.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1310万画素+F値2.2の明るいレンズがついた約190万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、ビューティーモード、プロフェッショナルモード、パノラマモード、電子式手ぶれ補正、ARCore、超広角撮影、望遠撮影、ポートレートモード、HDR、顔認識モードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で背面指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、防水(IPX5/IP8X)防塵(IP6X)耐衝撃(MIL規格23項目準拠)やハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Categories: 未分類.

格安なのに高性能CPU搭載「Google Pixel 3」

“コストパフォーマンスに妥協したくない人にオススメできるスマートフォンが、「Google Pixel 3」です。
Google Pixel 3は、参考価格が「約46,000円」とされているので、格安スマホの中では高いスマートフォンとなります。今では、Samsung、HUAWEI、OPPOなど大手企業のスマートフォンが、5,000~20,000円の間で購入できるため、格安のスマートフォンのみで選択する場合、Google Pixel 3を選ぶ人は少ないでしょう。
ですが、先ほどの格安スマホには欠点が存在し、「スペックや機能に問題を抱えている」可能性が高いのです。しかしGoogle Pixel 3は、これらの問題を克服しているスマートフォンなので、インターネットコンテンツを利用したい、最新の3Dゲームを遊びたい、マルチタスクでも動作がぶれないスマートフォンがよいという人に、Google Pixel 3はオススメできます。
しかもGoogle Pixel 3は、Amazonや楽天のような大手通販サイトで安売りされているので、先ほどの参考価格を大きく下回る価格で販売されているケースも増えてきました。
Google Pixel 3は、ソフトウェアアップデートの充実、「2022年1月31日までGoogleフォトの元画像を無制限でアップロードできるモデル」でもあるので、写真撮影だけでなくアップロードについてもひんぱんに行われる人であれば、中々Google Pixel 3よりよいものは見つからない可能性があります。
Google Pixel 3の仕様ですが、「SIMフリースマホ、指紋認証に対応している、おサイフケータイに対応している、防水に対応している」ため、ミドルレンジモデルに欲しい機能はすべて採用されていますし、なによりカメラ性能についても高評価となっているモデルです。
Google Pixel 3はスペックもよく、「ディスプレイは約5.5インチの解像度がフルHD+(2160×1080ドット)、CPUはSnapdragon845(オクタコア)、メモリは4GB、ストレージ容量は64GB/128GB、バッテリー容量は2,915mAh、重量は約148g」となります。Google Pixel 3はバッテリー容量がミドルレンジモデルの中では低く、他のスマートフォンのように4,000mAh前後あるわけではありません。
ですが、SIMフリースマホの多くは機能やバッテリー容量に問題を抱えているため、こちらについても妥協できる人であれば、Google Pixel 3との相性は抜群と言えるでしょう。”

Categories: 未分類.

4インチスマホとしておなじみの「Apple iPhoneSE(第一世代)」

“手帳のようなコンパクトタイプのスマートフォンが欲しい場合で、なるべく限界まで軽量化に成功しているスマートフォンがよい場合は、「Apple iPhoneSE(第一世代)」がオススメです。
Apple iPhoneSE(第一世代)は価格が「約35,000円」と安くはありませんが、Apple iPhoneSE(第一世代)は中古スマートフォンとして購入する場合、こちらの価格の半値で販売されているので、今ではオンラインストア、オークション、フリマアプリを通じて安いものが簡単に見つかるようになっています。
しかもApple iPhoneSE(第一世代)は、世界的に売れているモデルの1つなので、今では多くのモデルがオンラインストアなどでも見られるようになっているのです。そのため、いつ入荷するのかわからない人気商品より、コストパフォーマンス重視で買いやすいスマートフォンがよい場合は、Apple iPhoneSE(第一世代)をオススメしやすい状況なのです。
また、Apple iPhoneSE(第一世代)は「4インチ台のコンパクトなスマートフォン」として有名なため、スマートフォンのサイズは小さいものほどよいという人と相性がよいでしょう。しかも今では、コンパクトタイプのスマートフォンが減少傾向にあり、代わってワイドタイプのスマートフォンが増加傾向にあるような状況です。
ワイドタイプのスマートフォンにもなると、「6インチ以上で重量が200g以上」のものばかりとなるので注意してください。昔であれば軽量化に勤しむものなのですが、今ではそのような傾向も見られなくなっているので、軽いスマートフォンは中々手に入らないのです。
Apple iPhoneSE(第一世代)の仕様ですが、「SIMフリースマホ、指紋認証に対応している、おサイフケータイに対応していない、防水に対応していない」など、機能面は平均的なスマートフォンです。
しかしApple iPhoneSE(第一世代)はスペックがよく、「ディスプレイが約4インチの解像度はHD+(1136×640ドット)、CPUはA9(デュアルコア)、メモリは2GB、ストレージ容量は16GB/32GB/64GB/128GB、バッテリー容量は1,624mAh、重量は約113g」となります。格安スマホとして売られているものの中では、性能面に妥協していないのがApple iPhoneSE(第一世代)の魅力と言えるでしょう。”

Categories: 未分類.

世界最高水準のコストパフォーマンスで有名な「ASUS ZenFone Max Pro (M1)」

“コストパフォーマンス、バランス重視でスマートフォン選びをしている人には、「ASUS ZenFone Max Pro (M1)」がオススメです。
ASUS ZenFone Max Pro (M1)の参考価格は約32,000円となっているのですが、今では2万円台で販売されているモデルなので、ハイスペックスマートフォン並みの性能があることを考えると、コストパフォーマンスについては最高の数値をマークしているモデルと言えます。
ASUS ZenFone Max Pro (M1)のバランスの良さですが、ASUS ZenFone Max Pro (M1)の特徴を確認することで納得できます。ASUS ZenFone Max Pro (M1)は、「5,000mAhの大容量バッテリー、ポートレート撮影ありのカメラ機能、プロセッサーはQualcomm Snapdragon 636」のモデルとなっておりますので、今のところ、同価格帯では最高の性能を誇ります。
そのため、価格に妥協して性能が平均的なものを購入したくない場合、中々ASUS ZenFone Max Pro (M1)以上のものは見つからないと思ったほうがよいでしょう。ASUS ZenFone Max Pro (M1)は、今では世界的に認められているモデルでもあるので、売り切れ続出のモデルとしても有名です。
その他のASUS ZenFone Max Pro (M1)の特徴としては、「端末サイズは小さいがディスプレイは大きい」ため、操作しやすく画面が見やすいモデルとなっています。
ASUS ZenFone Max Pro (M1)のディスプレイ性能ですが、「ディスプレイが6型ワイドのIPS液晶 (LEDバックライト)で解像度が2,160×1,080ドット (フルHD+)、サイズは約159mm×約76mm×約8.4mm、重量は約180g」となっておりますので、ワイドタイプのスマートフォンで軽いというのは事実です。
近年では、スマートフォンの小型化が進んでいるため、ワイドタイプのスマートフォンは少なくなってきました。しかもASUS ZenFone Max Pro (M1)は、重量が200gを切っているのでかなり軽量の部類となります。
しかもASUS ZenFone Max Pro (M1)はスペックもよく、「OSがAndroid 8.0、CPUはQualcomm Snapdragon 636 (オクタコアCPU)、RAMは3GB、ROMは32GB」のモデルです。注意点として、ASUS ZenFone Max Pro (M1)は「RAM(メモリ)、ROM(容量)が低い」ので、最新の3Dゲームなど高負荷なゲーム、アプリを動作させる際は、動作環境がアプリに適しているのかチェックしましょう。
海外のスマートフォンの場合、RAM4GBで3万円を切るスマートフォンは増えている傾向にあるので、ASUS ZenFone Max Pro (M1)のメモリについては高く評価できません。”

Categories: 未分類.

ドコモの「ahamo」プランがおすすめの人って?

“ドコモの低額新料金プランとして注目されている「ahamo」
従来の料金プランからahamoに変更するだけど、多くの人は月々の携帯電話料金を安くすることができるでしょう。
では新料金プランahamoが向いている人とはどのような人でしょうか?
今回はahamoプランがおすすめの人と、プラン変更の際に気を付けておきたいポイントをまとめてみましょう。
<ahamoプランがおすすめの人とは?>
ahamoプランがおすすめの人は以下の通りです。
・毎月の料金を抑えたい人
ahamoプランがおすすめの人は、携帯料金代をできるだけ安く抑えたい!と考えている人です。
ドコモから乗り換えると毎月の携帯料金が安くなります。
また、今まで使っていた端末を下取りしてもらう下取りプログラムを利用すればさらにお得に乗り換えが可能ですよ。
・5分以内の短い電話でOKの人
ahamoでは5分以内の通話であれば何回かけても無料です。
短い電話をよく利用すると言う人にぴったりのプランと言えるでしょう。逆に長電話をする人の場合、通話料が高くなってしまう可能性も…。
LINE電話などをうまく活用すると携帯料金をうまく節約できますよ。
・デザリングを利用する人
ahamoではデザリング機能が付いており、無料で利用できます。
デザリングを利用すればパソコンのメール確認、資料のアップロードなども可能です。
タブレット端末やパソコンなどを使う頻度が多い人にとっては、デザリングできるahamoは魅力的なプランと言えるでしょう。
・家族にドコモユーザーがいる
家族にドコモ回線を使用している人がいれば、ahamoも家族割の対象となります。
ahamo回線の月額料金の割引ではなく、グループ内のギガ放題プランを利用している月額料金が割引される仕組みになっているので、家族でかかる携帯料金をトータルで抑えることができますよ。
・毎月7GB以上使用するものの、大容量は使わない人
ahamoの月間データ容量は20GBです。
ドコモでは7GB以下のプランか、使い放題の大容量プランしかなかったので、7GB以上は使用するものの大容量は使わないと言う人にぴったりです。
<ahamoに申し込む際の注意点とは?>
ahamoの申し込みをする前には現在の契約内容を見直してみましょう。
契約更新月はいつか、違約金の発生はないか、端末を分割購入している場合は端末代金の残債はないか?などを確認します。
また乗り換え(MNP)の場合、手元にある端末がahamoで利用できる端末かどうかもきちんとチェックしておかなければなりません。
ahamoに乗り換える場合、費用がかかります。
乗り換えにかかる金額については、契約中のプランやキャリアによって違いますが、違約金、端末残債、乗り換え機種料金、SIMロック解除手数料などがあります。”東京オリンピックもいよいよ開始したか。初めて見ると応援しなくちゃと思うんだよね。Galaxy S21 5G Olympic Games Edition

Categories: 未分類.

Simフリーの格安スマホにすればほとんど人は携帯料金が安くなる?!

“Simフリーの格安スマホに興味がある人は多いでしょう。
月々の携帯料金はできるだけ節約したい、安く済ませたいと思っている人は多いはず。
そんな方にはSimフリーの格安スマホはぴったりです。
でも格安スマホと言ってもどのようなプランを選べばよいのかよく分からないという人は意外といます。
ここでは格安スマホのプランについてまとめてみましょう。
Simフリーの格安スマホの会社は年々増えており、それぞれの会社によって様々な料金プランが存在します。
そのため、格安スマホ会社によって月々にかかる料金は変わってくるのです。
またプランによって利用できる範囲やできることは違ってくるため、自分に合ったプラン選びをすることが重要になります。
まず格安スマホプランを選ぶ際には
・ギガ数(データ容量)
・Simタイプ
を決めなければなりません。
自分がどのくらいのギガ数が欲しいのか、どのSimタイプを利用するか?によって選ぶプランは変わってくるでしょう。
次にギガ数とSimタイプについてまとめてみましょう。
<ギガ数>
ギガ数は格安スマホのプランによって様々です。
ギガ数とは、1ヶ月間にインターネット、メール、SNSなどのデータ通信量のこと。
契約しているギガ数以上のデータ量を使用してしまうと、通信速度が遅くなる通信制限がかかってしまい不便です。
自分が月々にどれくらいギガ数を使用するか?をしっかりと把握した上で必要なギガ数のプランを選びたいですね。
基本的には各格安スマホ会社で、月の途中でもプラン変更は可能となっています。
利用量に合わせてうまく変更してみましょう。
<Simタイプ>
格安スマホを購入するにあたってSimタイプを選ばなければなりません。
Simタイプって1つじゃないの?と思うかもしれませんが、実はSimタイプには3タイプ以上があります。
一般的なシムタイプとしては
・データSim
・SMS機能付きデータSim
・音声通話Sim
があります。
データSimでは電話、IP電話、SMS(ショートメッセージサービス)はできませんが、インターネットとメールは利用可能です。
また本人認証が使えないため、本人認証が必要なアプリやSNS、LINEなどは利用不可と利用できる範囲が限られてしまいます。
SMS機能付きデータSIMであれば、SMSが利用できるためデータSimで利用できなかったLINEやSNSも使用できるため、利用範囲が広くなります。
音声通話Simになると、音声通話もできるのでデータSimやSMS機能付きデータSimで利用できなかった電話、IP電話も利用が可能です。
これらのSimフリーはタイプ別に月額の基本料金が違います。
できることが増えるSimの方が、月々の費用は高くなる傾向にあり、SMS機能付きであれば+140円、音声通話Simであれば+700円ほどが相場となっていますよ。
音声通話もしたいという場合には、音声通話Simの一択ですが、もしも音声通話が必要なくSNSやLINEだけしたいという場合であればSMS機能付きを選ぶとよいでしょう。
値段もかなり格安なので月々の費用をぐっと抑えることができますよ。
大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換えることによって多くの人は月々のスマホ料金を安く抑えることができるでしょう。
特に普段ほとんどスマホを使っていないのに、大手キャリアと契約をしていて月額7000円ほど払っている…という人はぜひ格安スマホを検討してみましょう。
特に使い勝手は変わらないのに、今のスマホ料金の半額程度まで費用を抑えることができるケースも多いですよ。
データSimであれば料金は安く最低利用期間などの縛りもありません。
大手キャリアを解約するのかを迷っている方は、Simカードだけを購入してお試しで利用してみるのもよいかもしれませんね。”

Categories: 未分類.