Skip to content

「働き方改革」のウラで進む「時短ハラスメント(ジタハラ)」

同じことをやるのに時間がかかる人もいるでしょう。特にクリエイティブな仕事をしている人に、慣れないことをさせているときは、あまりに「時短」を強要しないことが肝心です。例えば、司法書士の資格をとるのに「800時間」をかけた。にもかかわらず不合格になった人がいたとします。翌年「1000時間」をかけたのだけれども不合格となりました。翌年「1300時間」かけてようやく合格したとしたら、その人には「1300時間」が必要だったということになります。しかし、「1300時間」は多すぎるので、もう少し効率よく勉強したい…。次に試験を受けるときは「1100時間」ぐらいで合格できるように工夫していこう…このように言われたら、がんばろうという気持ちになることでしょう(実際には何度も同じ資格試験を受ける人はいませんが…)。最初は合格するのに「1300時間」かかっていた人が、「1100時間」でも合格。「900時間」でも合格……と少しずつ「時短」ができるようになってくるのが本来の理想像いえそうですね。

Categories: 未分類.

「転勤族」はすでに終わってる?

「あの土地はちょっと……」「あの支社には、めんどくさそうな課長がいると聞いてます」「もっと便利な地域がいいけど…」などとワガママを言われ、不人気な支店・支社が必ず出てくることでしょう。公正に転勤を促すには、社員の言い分ばかりを聞いてはいられないのです。昨今では、転勤を言い渡されてすぐに転職を希望する人も増えているのです。将来、転勤があるような会社には行きたくない、「転勤族」になるだなんてとんでもない、と考える就活生も多いのです。100%社員の希望を叶えることは難しいでしょう。しかしひとりひとりと向き合って、それぞれのキャリアデザインを一緒に考える努力は企業サイドにあってしかるべきでしょう。少なからず、1週間前に突然の転勤辞令を出したり、第一子が生まれて間もないのに容赦なく遠方への転勤を言い渡したりといった、理不尽な対応は慎むべきといえます。「数年置きの転勤」は心身ともに大きなストレスを与えます。「働き方改革」の一環として長時間労働も是正しなければなりませんが、システマチックで、柔軟性に欠ける転勤制度もまた早急に見直す必要があるといえるのです。

Categories: 未分類.

博報堂が開発した「fuuron」が風呂上がりの最適なタイミングを知らせてくれる

博報堂は5月16日、利用者の嗜好と体調に合わせて、お風呂を出る最適なタイミングを教えてくれるIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発したと発表しました。fuuronは、湯船に浮かべて使用します。内蔵する温度センサとタイマーセンサが湯の温度と入浴時間を計測してくれ、湯温が高過ぎたり低過ぎると内蔵のLEDが点灯するものです。お風呂を出る時間になると点滅して知らせてくれ、開発にはお風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授が監修しています。利用者の嗜好と体調に合わせた複数のモードを搭載していて、「美肌モード」を設定した場合、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知するほか、「花粉症モード」「ダイエットモード」などが利用できるということです。そして、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」も備えています。これは、ロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者の異変を認知し、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される仕組みです。web会議 システム

Categories: 未分類.

遠隔サポートはWindowsにも付いていた

パソコンでトラブルが起きることは誰にだってありますし、いつ起こるかは分かりませんので困ります。
そうしたパソコンのトラブルを解決できる方法の一つに遠隔サポートがあり、実際に遠隔サポートを利用してトラブルを解決している人も多くいます。
そんな便利な遠隔サポートがWindowsの機能に付いているのをご存知でしょうか?
Windowsの標準機能にリモートアシスタンスというものがあり、一緒に画面を見ながら遠隔サポートすることができます。
メールで届いたファイルを開いて接続パスワードを入力することによって相手側のデスクトップがウィンドウ内に表示されて遠隔サポートを始めることができます。
そして利用者が許可を出すと遠隔サポートでパソコンを操作できるようになり、終わらせたいときや一時停止させたいときはリモートアシスタンスのツールバーでクリックすれば良いのです。
こうしたWindowsの遠隔サポートには注意点が一つあり、古いWindowsから新しいWindowsへの遠隔サポートはできないということです。

Categories: 未分類.

フランスではスマホを取り締まる厳しい法律が制定される

運転中にスマホを使うことを、徹底的に禁止する法律を打ち出したと言えばフランスの最高裁判所です。
その内容は、緊急時以外にスマホを使用したいのであれば、ドライバーは指定されたパーキングでエンジンを停止させる必要があるでしょう。
○スマホを使いたいならエンジンをとめてから
フランスの法律では、スマホはハンズフリーでの使用はOKです。
APHによると、ワイヤレスイヤフォンの使用は制限されています。
このような新しい法律に違反した場合、およそ18000円の罰金を課せられる事になってしまうでしょう。
ヨーロッパでは、このように運転中のスマホを使用することを禁じる中で、ハンズフリー使用は許可するのかといったスタイルも一般的です。
ただし、今回はフランスで発行される新たな法律のように、指示された場所でエンジンを停止することが大切です。
ヘッドフォンやイヤホンを制限するというのも、規制を新たなレベルに展開するような動きと言えるでしょう。
現地のニュースサイトである「The Local」によると、このような新たな法律制定のきっかけとしては、ドライバーがスマホをいじるためにハザードランプを点灯させ、環状交差点で車を停止させたという事件があったからです。遠隔サポート 起動

Categories: 未分類.

スマホ、春に向けたキャンペーンが続々登場

スマホなど最大の販売商戦期でもある春の商戦を迎えて、各会社においては、学割キャンペーンなどの割引合戦をスタートしています。
その中でも2016年4月に総務省が定めた「スマホの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に沿って、ほとんどなくなっていた最新機種の一括0円が、ここに来て復活しています。
特に、昨年から量販店やソフトバンクショップなどで店舗独自割引を適用し、話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種でもある「iPhone 8」の64GBモデルが、他社から乗り換えて一括0円販売されているケースが多く見られています。
iPhone 8の一括0円の情報は、例えばツイッター上で「#MNP一括0円」を検索するとたくさん出てきて、下取りプログラムを適用するのでガイドライン的にも問題ないという認識です。
ドコモショップが割合としても、多くなっているでしょう。
尚、公式webストアでもある「ドコモオンラインショップ」でも紹介しているようにと、下取りプログラムに加えて、「家族まとめて割」を適用するのであれば、iPhone 8の64GBなら一括17,496円なので、iPhone 6sを下取りすれば買取価格と相殺されています。
これ以上のiPhone 6s PlusやiPhone 7シリーズなどを下取りすれば、一括0円にもなるでしょう。
総務省が開いている「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でも、問題視されています。
しかしながら現時点においては、iPhone 8の一括0円販売は収まるどころか広がっている印象も受けます。

Categories: 未分類.

遠隔サポートのメリットとはデメリット

遠隔サポートには良い点もあればデメリットになるようなこともあります。
そこで今回は、それぞれについてお話していきます。
○ユーザーにとっての遠隔サポートにおけるメリット
何かパソコンで困ったことがあっても、家に作業員を呼ぶ手間もありませんし、反対にユーザーが店舗に訪れる必要もありません。
気軽にサポートを受けられる対象となるサービスやデバイスの作用に不慣れでも、トラブルを解決できるのです。
○ユーザーにとってデメリットになることとは?
プライバシーの観点からいうと、対象となるデバイスやサービスを、オペレーターが遠隔で操作することに不安を感じる方もいらっしゃいます。
○オペレーター側が遠隔サポートで得られる利点とは
遠隔サポートにおいて得するのはユーザーばかりではありません。
顧客側も問題点を正しく把握することができ、的確にサポートしていけるものです。
お客さんとのやりとりにも時間がかからず、作業時間も短時間で済ませることができます。

Categories: 未分類.

スマホアプリ「鉄拳」が3月1日に発売決定。今から予約者殺到

バンダイナムコエンターテインメントは2月1日、スマホ向けアプリの「鉄拳」を、3月1日に配信すると発表しました。
鉄拳の事前登録者数は150万人を突破したこともあり、新しいキャラクターの「ロデオ」が配布されることも決定しました。
ロデオの紹介動画も公開されているため,ご興味を持った人は、忘れずに事前登録を行ってくださいね!
○App Store・Google Play向けアプリケーション「鉄拳」
BANDAI NAMCO Entertainment Europe S.A.S.は、全世界事前登録150万人達成を記念して、新キャラクター「ロデオ」を全プレイヤーに配布します。
配信日は3月1日と予定されています。
本格的格闘ゲーム「鉄拳」を、App Store、Google Play向けに3月1日に配信することを決定しています。
全世界での事前登録者数は、なんと150万人を突破。
新キャラクター「ロデオ」を配布しています。
○ロデオって?
アメリカ中部で生まれたロデオは、ボウ・モンタナは州を代表するフットボールチャンピオンとして、キャプテンとして活躍しました。
フットボールに明け暮れる大学生活を送っていましたが、家族の生活は厳しく、一家が経営する牧場を守るためにも卒業後、ロデオが海軍に志願する他に道は残されていませんでした。
鉄拳衆の作戦を阻止する極秘任務中、突然、謎の邪悪な球体に襲われたロデオと仲間たちは、力を奪われてしまいます。
ロデオは危機を逃れましたが、仲間たちは敵に捕らえられてしまいます。
仲間を救出する為、力を取り戻すため、ロデオは戦いにいくという設定です。

Categories: 未分類.

今さら人には聞けない!「VPN」についてのアレコレ

VPNとは何かご存知ですか?
名前だけは知ってるけど…という人も多いでしょう。
VPNとは、データを安全に、確実に通院するために用いるためのネットワーク技術です。
ネットの上に「仮想の専用回線」を作ることにより、「パブリック」な公衆網であるインターネットをあたかも「プライベート」の専用線のように使うことができるのです。
仮想的なトンネルを構築し、データの暗号化を行って通信することによって、遠距離の通信をする時でも、安全性を確保できるのが魅力です。
情報漏洩や改ざんリスクを軽減してくれるでしょう。
○VPNはどうして今求められているの?
ネット経由の通信は、そのままむき出しの状態では、第三者に盗み見されてしまう可能性があり、安全とは言えません。
そのため、適切なセキュリティ対策が必要になってきます。
拠点と拠点の間に物理的に通信ケーブルを敷設する専用線は、費用面や導入工事が簡単ではないことからも、あまり現実的とは言えません。
VPNを取り入れることによって、「パブリック」な公衆網であるネットを、あたかも「プライベート」な専用線のように使えるようになります。
さらに、通信を暗号化することによって安全性を高めることができるのです。
○手間もコストも省ける
VPNは、専用線と比較すると手間なく導入できるものです。
料金もリーズナブルなので、データを安全にやりとりでき、多くの企業で採用されています。remotecall.com

Categories: 未分類.

リモートアクセスの利便性

現代では、リモートアクセスをビジネスに有効活用する人達が増えています。
これは、最近目立つ「働き方改革」に伴うサービスシステムとも言えるでしょう。
今日はそんなリモートアクセスについてのお話です。
○リモートアクセスとは何か?
リモートアクセスは、外からネットや通信回線を使って、遠距離に位置するネットワークやコンピューターに、容易に接続できるというシステムです。
例えば自分は自宅にいても、会社のパソコンのデータにアクセスしたいといった時でも、リモートアクセスがあれば簡単なのです。
○リモートアクセスがもたらすメリットとは
リモートアクセスがあれば、物理的に遠く離れたコンピューターが、自分の正面にあるかのように操作することができ、とても利便性が高いです。
自分が今どこにいようとも、リモートアクセスを使っていれば作業もはかどります。
わざわざ会社に戻る必要もないのです。
ビジネスパーソンでしたら、家にいながらも、まるで社内で働いているかのような感覚で仕事できるのが便利でしょう。
おうちにいても、社内システムやデータを使って仕事することができるのです。
これは、在宅勤務にも生かせるシステムとも言えます。
まさに様々なワークスタイルに順応できる画期的なサービスと言えるでしょう。リモートサポート アプリ

Categories: 未分類.