Skip to content

博報堂が開発した「fuuron」が風呂上がりの最適なタイミングを知らせてくれる

博報堂は5月16日、利用者の嗜好と体調に合わせて、お風呂を出る最適なタイミングを教えてくれるIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発したと発表しました。fuuronは、湯船に浮かべて使用します。内蔵する温度センサとタイマーセンサが湯の温度と入浴時間を計測してくれ、湯温が高過ぎたり低過ぎると内蔵のLEDが点灯するものです。お風呂を出る時間になると点滅して知らせてくれ、開発にはお風呂研究の第一人者である東京都市大学の早坂信哉教授が監修しています。利用者の嗜好と体調に合わせた複数のモードを搭載していて、「美肌モード」を設定した場合、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知するほか、「花粉症モード」「ダイエットモード」などが利用できるということです。そして、高齢者を中心とした入浴事故を防ぐための「見守り機能」も備えています。これは、ロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、高齢者の異変を認知し、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される仕組みです。web会議 システム

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.