Skip to content

「転勤族」はすでに終わってる?

「あの土地はちょっと……」「あの支社には、めんどくさそうな課長がいると聞いてます」「もっと便利な地域がいいけど…」などとワガママを言われ、不人気な支店・支社が必ず出てくることでしょう。公正に転勤を促すには、社員の言い分ばかりを聞いてはいられないのです。昨今では、転勤を言い渡されてすぐに転職を希望する人も増えているのです。将来、転勤があるような会社には行きたくない、「転勤族」になるだなんてとんでもない、と考える就活生も多いのです。100%社員の希望を叶えることは難しいでしょう。しかしひとりひとりと向き合って、それぞれのキャリアデザインを一緒に考える努力は企業サイドにあってしかるべきでしょう。少なからず、1週間前に突然の転勤辞令を出したり、第一子が生まれて間もないのに容赦なく遠方への転勤を言い渡したりといった、理不尽な対応は慎むべきといえます。「数年置きの転勤」は心身ともに大きなストレスを与えます。「働き方改革」の一環として長時間労働も是正しなければなりませんが、システマチックで、柔軟性に欠ける転勤制度もまた早急に見直す必要があるといえるのです。

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.