Skip to content

2年後、距離は無くなる「 docomoが描く5Gの世界」

「距離という概念はなくなり、自宅にいながら、なんでもできる世界が来ます」と、「5G」の技術開発を進めるNTTドコモの5Gイノベーション推進室室長が力強く語りました。次世代通信規格「5G」は、2020年の商用サービス開始を目標に、総務省が技術開発を進めている新たな通信技術です。その特徴として、LTEの100倍を超える「高速通信」、LTEの1000倍ものユーザーを収容できる「大容量化」、無線区間の「低遅延化」、多数の端末との「同時接続」、そして「低コスト」「低消費電力」などが挙げられるのです。5月末、NTTドコモが描く5G後のテクノロジーやエンターテインメントのあり方を、5G Tokyo Bay Summit 2018で発表しました。5Gの低遅延性によって、機械の遠隔操作のリニア性が高まり、操作もより精緻に行えるようになり、そういった、遠隔操作技術を駆使したコンテンツも発表されたのです。人型ロボットを遅延なく遠隔操作できるのも5Gならではです。災害時や人が行けないところなどにロボットを派遣して人命救助するといった活用法も想定しているのです。遠隔操作

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.