Skip to content

ヤンマー、自動で畑を耕せる「自動運転トラクター」を発売、農業分野の人手不足解決を目指す

ヤンマーホールディングスのグループ会社であるヤンマーアグリは、位置情報やロボット技術などのICT(Information and Communication Technology)を活用して農作業の省力・省人化、効率化を実現する”自動運転トラクター”を、2018年10月1日より順次発売します。この自動運転技術を搭載する機種は、今後「SMARTPILOT」シリーズとしてラインアップを強化していく予定です。ちなみに、すでにYTトラクターを所有している場合は、工場で改装することで、オートロボット仕様にアップグレードすることも可能ということです。近年、農業分野では、農地の集約による経営の大規模化や就農者減少・高齢化による人手不足といった課題を抱えています。農林水産省の統計では、平成29年の農業就業人口は約181万人で、そのうち65歳以上は約120万人と6割以上を占めているとのことです。昨年に比べると約11万人減っています。一方、新たに農業に参入する人(新規新規就農者)は約60万人(うち49歳以下は約12万人)と、年々増えてはいるものの、全体の人口としてはマイナスとなっているのが現状なのです。

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.