Skip to content

トヨタとドコモ、5Gの活用で第3世代ヒューマノイドロボット「T-HR3」遠隔操作に成功

トヨタ自動車とNTTドコモは11月29日、5G(第5世代移動通信方式)によるロボット制御のトライアルを行ない、遠隔地間(約10km)を想定した実験環境の一部区間に5Gを活用します。トヨタが開発した第3世代ヒューマノイドロボット「T-HR3」を制御することに成功したと発表したのです。トヨタが2017年11月に発表したT-HR3は、トルクを制御する「トルクサーボモジュール」と操縦者の全身の動きを検知する「マスター操縦システム」を採用しています。T-HR3が受ける外部からの力を操縦者が感じながら操作できるようになっており、家庭や医療機関などさまざまな場面で人々の生活をサポートするパートナーロボットを目指して開発されているのです。そのためにはT-HR3とマスター操縦システム間で発生する制御信号の通信遅延をできる限り少なくすることが必要で、これまでは比較的通信遅延が少ない有線接続で実験を進めてきたのです。

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.