Skip to content

災害時に役立つ充電機器の種類は?

“人気の充電機器には、「モバイルバッテリー、乾電池充電器、大容量ポータブル電源」の3種があります。
モバイルバッテリーは4000円以内、乾電池充電器は2000円以内、大容量ポータブル電源は50000円以内で売られているのですが、オススメは乾電池充電器となります。というのも、単3形乾電池さえ用意できれば、いつでもポータブル電源として機能するからです。
モバイルバッテリーは容量が高いもの(10000mAh)が必要となり、高価なものでは10000円を超えるケースも少なくありません。大容量ポータブル電源に至っては、今のところ、まったく値引きされる様子がありませんので、コストパフォーマンスを考慮しても、乾電池充電器のほうが使いやすいでしょう。
乾電池充電器の単3形乾電池についてですが、こちらは「激安のもので100円、高価なものでも200円前後」となっているので、単3形乾電池の購入代金が高くつくというわけでもありません。”

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.