Skip to content

圧倒的パフォーマンス「AQUOS R3」

“AQUOSシリーズとして有名な、AQUOS R2の後継機種に該当するモデルが、AQUOS R3です。
元々AQUOSシリーズは、AQUOS R2の時点でハイスペックスマートフォンに求められている、あらゆる機能が備わっていました。ですがAQUOS R3は、AQUOS R2に比べてスペックそのものの見直しが行われているため、次のような性能を誇るハイスペックスマートフォンとして支持されています。
まずAQUOS R3は、「処理性能(メモリ容量)が6GB」のため、他のハイスペックスマートフォンよりも高性能です。性能差を前提にして優秀なハイスペックスマートフォンを探している人であれば、AQUOS R3との相性が抜群でしょう。
補足となりますが、従来のスマートフォン20機種ほどでは、平均4GBとなっているので、AQUOS R3は、比較にならないほどの高性能となっています。そのため、従来のスマートフォンでは処理しきれなかった新作ゲームを、サクサクプレイしたい人にも、AQUOS R3をオススメすることができます。
CPUについても、AQUOS R3に搭載されているものは、「Qualcomm社製ハイエンド用SoC、Snapdragon 855(オクタコア)を搭載しているのです。そのためAQUOS R3は、高い処理性能を期待することができます。
その他のAQUOS R3の特徴は、「バッテリー容量が3200mAh」になっていることも見逃せないでしょう。従来のスマートフォンでは平均約3100mAhとなっているため、ハイスペックスマートフォンの中でもバッテリー性能の良いスマートフォンです。
補足となりますが、AQUOS R3はワイヤレス充電がQi規格対応となっています。そのため、AQUOS R3の充電時間は約150分と短いのも、最新のスマートフォンに見られる優良さでしょう。
そんな素晴らしい点が多く確認できるAQUOS R3ですが、重量に関しては注意が必要です。従来のスマートフォンの平均は約170gとなっているのですが、AQUOS R3は約189gとなっているので、長時間の操作では疲れを生じることもあるでしょう。
そんな難点を持つAQUOS R3ですが、実際のユーザーの声を参考にすると、「120Hzすごすぎ」という意見もあります。従来のスマートフォンでは60Hzとなっているため、120Hzのぬるぬる動く画面を知ってしまうと、もう古いスマートフォンには戻れないというユーザーの意見が多いのです。
しかもAQUOS R3は、docomoでは約89000円、auでは約99000円、SoftBankでは113000円の価格設定を実現しています。最安値のdocomoであれば、他よりも1万円以上安く購入できる・・・、そんなこともあって、ハイスペックスマートフォンの中でも安いスマートフォンとして、AQUOS R3が選ばれるようになっています。”

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.