Skip to content

Googleの最新機種!売り上げがトップクラスの「Google Pixel 4」

“世界中の人たちから評価されているブランドでスマートフォンを選ぶ場合、HUAWEI(ファーウェイ)、Samsung(サムスン)、Apple、そしてGoogleは外せません。
最近では、ミドルレンジモデルでも3万円台、ハイエンドモデルでは7万円台のスマートフォンが出てきました。ですが、そのような時代になってもGoogle Pixel 4のような、「10万円前後のスマートフォンが売れている」のです。なので今回は、どうしてGoogle Pixel 4のようなハイスペックスマートフォンは人気なのか、こちらを探っていこうと思います。
Google Pixel 4は、アメリカで2019年10月に販売開始されたハイスペックスマートフォンで、「Pixelシリーズ」に該当する機種です。2019年当時の売れ筋ではiPhoneシリーズ、もしくはGalaxyシリーズの二強でした。しかし、その中に新たにPixelシリーズも加わることになったのです。
Google Pixel 4は、Google Pixel 3になってから人工知能技術を導入するようになっていき、Googleの得意分野が活かされたスマートフォンが増えていったのです。このような技術はアプリにも反映されており、今では、スマートフォンの人工知能と連動するアプリまで出てきています。
つまりGoogle Pixel 4は、先見の明のあるハイスペックスマートフォンという、独自路線を築き上げることに成功しました。
この話を知っていると、なぜ「Google Pixel 3、Google Pixel 4は特別視されることが多いのか」についても、自然と理解できるようになるでしょう。またGoogle Pixel 4は、ディスプレイ性能も悪くありません。
Google Pixel 4は、「5.7インチのディスプレイ(Pixel 4 XLは6.3インチ)、ベゼルの縁が少し大きめ」となっているのが特徴です。ハイスペックスマートフォンを利用しているユーザーであればわかりますが、Google Pixel 4は他のスマートフォンに比べてこぶりなデザインとなっています。しかしこちらによって操作性が落ちているわけでもないので、Google Pixel 4は世界的にも評価の高いハイスペックスマートフォンなのでしょう。
また、Google Pixel 4はすべてにおいて優秀というわけではありません。例えば、バッテリー性能についてはApple iPhone、Samsung Galaxyには一歩及ばずの性能で、「2,800mAHのバッテリー搭載」となっています。そのため、長くスマートフォンを動かしていることが多いユーザーであれば、Google Pixel 4との相性は良くないかもしれません。
実際にこちらは、Google Pixel 4のレビューにおいてもマイナスポイントとなっており、ワイヤレス充電、高速充電に対応しているため、かえって目立つ短所とされています。
しかしGoogle Pixel 4はカメラ性能がトップクラスで、 Google Pixel 4には「ポートレートモード機能が搭載」されているのです。ユーザーの声として多いものには、「iPhoneよりも使い勝手が良い」、「不慣れな人でもポートレート撮影が簡単」といったものが多いです。また、Apple iPhoneのような近接時に通知が来ることもないので、こちらを気に入っているユーザーも一定数います。”

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.