Skip to content

Simフリーの格安スマホにすればほとんど人は携帯料金が安くなる?!

“Simフリーの格安スマホに興味がある人は多いでしょう。
月々の携帯料金はできるだけ節約したい、安く済ませたいと思っている人は多いはず。
そんな方にはSimフリーの格安スマホはぴったりです。
でも格安スマホと言ってもどのようなプランを選べばよいのかよく分からないという人は意外といます。
ここでは格安スマホのプランについてまとめてみましょう。
Simフリーの格安スマホの会社は年々増えており、それぞれの会社によって様々な料金プランが存在します。
そのため、格安スマホ会社によって月々にかかる料金は変わってくるのです。
またプランによって利用できる範囲やできることは違ってくるため、自分に合ったプラン選びをすることが重要になります。
まず格安スマホプランを選ぶ際には
・ギガ数(データ容量)
・Simタイプ
を決めなければなりません。
自分がどのくらいのギガ数が欲しいのか、どのSimタイプを利用するか?によって選ぶプランは変わってくるでしょう。
次にギガ数とSimタイプについてまとめてみましょう。
<ギガ数>
ギガ数は格安スマホのプランによって様々です。
ギガ数とは、1ヶ月間にインターネット、メール、SNSなどのデータ通信量のこと。
契約しているギガ数以上のデータ量を使用してしまうと、通信速度が遅くなる通信制限がかかってしまい不便です。
自分が月々にどれくらいギガ数を使用するか?をしっかりと把握した上で必要なギガ数のプランを選びたいですね。
基本的には各格安スマホ会社で、月の途中でもプラン変更は可能となっています。
利用量に合わせてうまく変更してみましょう。
<Simタイプ>
格安スマホを購入するにあたってSimタイプを選ばなければなりません。
Simタイプって1つじゃないの?と思うかもしれませんが、実はSimタイプには3タイプ以上があります。
一般的なシムタイプとしては
・データSim
・SMS機能付きデータSim
・音声通話Sim
があります。
データSimでは電話、IP電話、SMS(ショートメッセージサービス)はできませんが、インターネットとメールは利用可能です。
また本人認証が使えないため、本人認証が必要なアプリやSNS、LINEなどは利用不可と利用できる範囲が限られてしまいます。
SMS機能付きデータSIMであれば、SMSが利用できるためデータSimで利用できなかったLINEやSNSも使用できるため、利用範囲が広くなります。
音声通話Simになると、音声通話もできるのでデータSimやSMS機能付きデータSimで利用できなかった電話、IP電話も利用が可能です。
これらのSimフリーはタイプ別に月額の基本料金が違います。
できることが増えるSimの方が、月々の費用は高くなる傾向にあり、SMS機能付きであれば+140円、音声通話Simであれば+700円ほどが相場となっていますよ。
音声通話もしたいという場合には、音声通話Simの一択ですが、もしも音声通話が必要なくSNSやLINEだけしたいという場合であればSMS機能付きを選ぶとよいでしょう。
値段もかなり格安なので月々の費用をぐっと抑えることができますよ。
大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換えることによって多くの人は月々のスマホ料金を安く抑えることができるでしょう。
特に普段ほとんどスマホを使っていないのに、大手キャリアと契約をしていて月額7000円ほど払っている…という人はぜひ格安スマホを検討してみましょう。
特に使い勝手は変わらないのに、今のスマホ料金の半額程度まで費用を抑えることができるケースも多いですよ。
データSimであれば料金は安く最低利用期間などの縛りもありません。
大手キャリアを解約するのかを迷っている方は、Simカードだけを購入してお試しで利用してみるのもよいかもしれませんね。”

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.