Skip to content

5G対応スマホの「vivo Y74s」とは?

“従来の4Gから5Gになることで通信の利便性が高まりますし、現代社会に変革をもたらしてくれる可能性があります。
その5Gに対応しているスマートフォンは国内の機器メーカーだけではなく海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo Y74s」という5Gスマホがあり、誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリー、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約42000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約175gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはライトブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 810 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、タッチフォーカス、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Categories: 未分類.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.