Skip to content

最安スマートフォンとして人気の「ZTE Axon 10 Pro 5G」

“ハイエンドモデルの平均価格は約11万円とされている中、ZTE Axon 10 Pro 5Gのような、「5G対応スマートフォン」なのに最安なスマートフォンも存在します。ZTE Axon 10 Pro 5Gは実売価格が9万円を切る機種で、安いからといって性能が低いわけではありません。
ZTE Axon 10 Pro 5Gのユーザーからも、次のようなところに魅力を感じるという評価を得ています。まず、ZTE Axon 10 Pro 5Gはハイスペックスマートフォンに分類される機種です。そのため、OS、CPU、カメラ性能、バッテリー容量には問題がなく、最新のもので大容量のものが搭載されているのです。
ちなみに、ZTE Axon 10 Pro 5Gのような最安なスマートフォンもあれば、「SHARP AQUOS R5G」のような、高性能・高価が売りになっているフラッグシップモデルもあります。5G対応スマートフォンはそこまで機種が出そろっていないため、メーカーによっては強気の価格設定にしているものも少なくありません。なので、ZTE Axon 10 Pro 5Gの安さが目立っているのです。
ZTE Axon 10 Pro 5Gは、SoCも素晴らしく「AQUOS R5G」にも採用されている「Snapdragon 865」が採用されているのです。つまりZTE Axon 10 Pro 5Gは、処理性能だけであれば他のハイスペックスマートフォンに引けをとりません。安かろう悪かろうなどが指摘されているメーカーでもないので、コストパフォーマンスで選ぶのであれば、ZTE Axon 10 Pro 5Gを選ばれたほうが良いでしょう。
ZTE Axon 10 Pro 5Gのデザインですが、ディスプレイ上部のノッチが小さくなっています。つまりZTE Axon 10 Pro 5Gは、狭額縁設計のスマートフォンとなっているため、ディスプレイサイズが気にならないスマートフォンなのです。しかもZTE Axon 10 Pro 5Gは、ボディが「防水・防塵対応」のため屋外でも安心して利用できます。
このように数多くの面で優れているZTE Axon 10 Pro 5Gですが、ZTE Axon 10 Pro 5Gにも悪いところはあります。たとえば、ディスプレイ指紋認証を採用しているZTE Axon 10 Pro 5Gは、認証精度は悪くないのですが認証速度は普通なので気をつけてください。
これと同じようなことが言えるものに、5G対応スマートフォンの通信速度があります。ZTE Axon 10 Pro 5Gはスペックが「AQUOS R5G」と同じなため、下りは最大2.0Gbps、上りは最大103MbpsでWi-Fi 6対応となっています。
素晴らしいスペックのように感じますが、ZTE Axon 10 Pro 5Gは、5Gエリアの都合で下りが約600Mbps、上りが約60.0Mbpsのケースもあるので、常に高速のネットワークを使えるわけではありません。”

Categories: 未分類.

Galaxy A51 5Gはどんな人におすすめのスマホなの?

“新型コロナウイルスの影響で、多くの人はマスクを着用する生活を送っていますね。特に外出先では必ずマスクを着用するということがもはや当たり前の世の中になってきています
マスクをしていると問題となるのが「スマホの顔認証」です。顔認証では自分の顔を認証してロックを解除できるので、マスクをしているときちんと顔認証をしてくれません。顔認証の度にマスクを下げて行っている…という人もいて面倒に感じるかもしれませんね。
2020年11月中旬にauで発売されるSamsung社のGalaxy A51 5Gは、顔認証だけではなく、指紋認証のどちらにも対応しています。そのため、マスクをしたままホーム画面のロックを解除することができますし、決済なども完了できるでしょう。マスク生活が長引く現在の状況にぴったりの機能と言えますね。また、指紋認証センサーはディスプレイについているため、ディスプレイに圧迫することなく大画面のまま指紋認証が行える仕組みになっています。
Galaxy A51 5Gはリーズナブルな価格帯hの5Gスマホとして注目されている機種です。4,500mAhの大容量バッテリーを搭載しており、充電持ちがよいことでも知られています。ゲームや動画をスマホで楽しむ場合、充電がすぐになくなってしまって困る…という人も多いでしょう。特に、外出先で充電がなくなってしまうと焦ってしまうもの。ゲームや動画をスマホでよく見る人にとっては、充電持ちという性能は非常に重要な選ぶポイントになるので、大容量バッテリーが搭載されているGalaxy A51 5Gは魅力的な機種と言えますね。またGalaxy A51 5Gは急速充電にも対応しているので、充電切れが置きにくい設計になっていますよ。
コストパフォーマンスの良さで知られているGalaxy A51 5Gは、持ち歩きしやすい大きさのディスプレイを搭載しています。ちなみにGalaxy A51 5Gのディスプレイは「Infinity-O Display」というディスプレイ技術が採用されているんですよ。このInfinity-O Displayは、モバイルデバイス端末のディスプレイを画面いっぱいに大きくして、ベゼルを狭くした技術のことをいいます。これまでのスマートフォンではインカメラがディスプレイの外側についているのが一般的だったのですが、Infinity-O Displayにおいては、インカメラを取り囲むようにしてディスプレイが配置されているんですえ。そのため今までの画面よりも、よりディスプレイが大きくなり、映像の没入感は格段にアップすることでしょう。
Galaxy A51 5Gなど、5G対応のスマートフォンは数が増えてきていますが、Galaxy A51 5Gの購入がおすすめな人はどのような方でしょうか?Galaxy A51 5Gは、5Gスマホをリーズナブルな価格で購入したい、超高性能でなくても普段通りスマホを使いたい、コストパフォーマンスを重視している、カメラ機能をよく使う、外出先でSNSをよくチェックする、バッテリーの容量が大きい方がよい、指紋認証があった方がよい、外出先で動画のコンテンツをよく視聴する…このような方にGalaxy A51 5Gはおすすめの機種と言えますよ。”Galaxy A51公式サイトはこちら

Categories: 未分類.

平均以上のスペックを持つ「HUAWEI P30 lite」

“とりあえずスペックが良いスマートフォンを持ちたい場合は、HUAWEI P30 liteを選ばれると良いでしょう。
HUAWEI P30 liteは、「SIMフリースマホ」に分類されるため、格安スマホの常連として知られているスマートフォンの一台です。SIMフリースマホとは、スマートフォンの初期設定などを自分で行わないといけない、インターネット設定についても同じ・・・となっているのですが、その代わりに「同モデルの中でも安い価格帯で販売されている」強みがあります。
HUAWEI P30 liteについても、ミドルレンジモデルの平均的なスマートフォンと比較した場合、1万円以上も安いため、あえてHUAWEI P30 liteを選ばれる人が増えてきました。SIMフリースマホの設定についても、今では、インターネットで予備知識を得られるような時代ですので、専門的な知識を問われるレベルではありません。
HUAWEI P30 liteの具体的なスペックですが、「サイズは約152.9mm×約72.7mm×約7.4mm」となっているので、あまり大きなスマートフォンとは言えないでしょう。近年では、持ちやすさ・多機能・機構の複雑化もあって、スマートフォンのサイズアップが主流となっています。
しかしHUAWEI P30 liteは、今でもコンパクトサイズのままとなっているため、このようなところはHUAWEI P30 liteだけの個性と言えるでしょう。ただし、スマートフォンの使いやすさを求めている人にとっては、ちょっと小さいので使いづらい・・・と感じるかもしれません。
HUAWEI P30 liteのその他のスペックですが、「プロセッサがHUAWEI Kirin 710 オクタコア(2.2 GHz・1.7 GHz)、OSはEMUI 9.0(Android 9 ベース)」となっているので、最新スマートフォンと比べても違いが見つからないほど、ハイスペックスマートフォンとなっています。これで価格はSIMフリースマホに準拠しているのですから、コスパ重視スマートフォンとして評価されているのは、当然のことかもしれません。
HUAWEI P30 liteは処理性能も良く、「RAM・ROMが4GB・64GB」となっています。近年では、3GB以内のRAMでは上手くゲーム・アプリが動作しない・・・という声も増えているため、最新ゲームなどをプレイするために、あえてHUAWEI P30 liteに買い替えておくのもありでしょう。
HUAWEI P30 liteはカメラ性能も高く、「メインカメラが約2400万画素・約800万画素・約200万画素、フロントカメラは約2400万画素、バッテリー容量は3340mAh」となっています。SIMフリースマホの多くは1000万画素前後のものが多いため、HUAWEI P30 liteはカメラ性能が高いと言えるでしょう。”

Categories: 未分類.

6月発売予定の「FUJITSU arrows 5G」

“国内では3月下旬頃から始まった5Gですが、ユーザーの中には、「5Gは時期尚早」を唱える人もいます。
そんな考えを持っている場合は、FUJITSU arrows 5Gの購入を検討してみると良いでしょう。というのも、FUJITSU arrows 5Gは6月頃に発売予定となっている、5G対応の最新スマートフォンだからです。
FUJITSU arrows 5Gのスペックは、「本体サイズが約164x76x7.8mm、画面サイズは6.7インチ、重量は約180g」となっています。重量がやや重く感じるかもしれませんが、最新スマートフォンの多くは180g前後のものが増えているので、こちらについては妥協したほうが良いでしょう。
FUJITSU arrows 5Gのその他のスペックでは、「CPUがSnapdragon 865、メモリ・ストレージは8GB・128GB」とハイスペックのため、他のハイエンドモデルと比較しても遜色ない性能となっています。これほどのスペックを有しているので価格は高いと思ってしまいますが、他の最新スマートフォンと同価格帯で購入できるようになっています。
つまりFUJITSU arrows 5Gは、コストパフォーマンスにも優れるスマートフォンなのです。FUJITSU arrows 5Gのカメラ性能ですが、「メインカメラは1630万画素:超広角、4800万画素:広角、800万画素:望遠、インカメラは3200万画素」となっているので、世界的に見てもハイエンドモデルの水準を満たす内容となっています。
しかもFUJITSU arrows 5Gは、「バッテリーが4070mAh」の大容量バッテリーとなっているため、性能・バッテリー容量ともに申し分ありません。FUJITSU arrows 5Gのその他の特徴としては、「防水機能あり」、「Suicaに対応」、「5G対応」、「4800万画素カメラ搭載でトリプルカメラ」となっているところです。
最新スマートフォンの中には、バッテリー容量・カメラ性能が劣っているものもありますので、そのことを踏まえると、FUJITSU arrows 5Gはバランスの良いモデルとしても評価できます。それだけでなくFUJITSU arrows 5Gは、「熱拡散構造が採用されている」スマートフォンです。
.7インチの大型画面、ベゼルが薄くなっているためゲームアプリをさらに楽しめる・・・、そして、熱拡散構造のため長時間の使用であっても、FUJITSU arrows 5Gはパフォーマンスを落とさない利点があります。ただしFUJITSU arrows 5Gは、発売が5Gスマホの中では最も遅い特徴もあるので、これから慌てずに最新スマートフォン選びをしたい人にオススメできるスマートフォンです。
5G対応について焦っていない人は、FUJITSU arrows 5Gも含めて、じっくりと自分に合ったものを探すようにしてください。”参照

Categories: 未分類.

選ばれ続けている「OPPOシリーズ」

“Androidスマホでおすすめモデルというと、SIMフリー、もしくはOPPOシリーズです。
Androidスマホは年々で価格が下がってきているため、ミドルレンジモデル・ハイエンドモデルを選ぶ場合でも、SIMフリースマホなどを意識したほうが賢明です。というのも、OPPO RenoAは、コストパフォーマンスに優れた低価格モデルとして販売されています。
OPPO RenoAは、「キャッシュレス支払いに対応している」、「おサイフケータイ」機能ありのスマートフォンとなっているので、これからあまりスマートフォンにお金をかけずに、キャッシュレス決済に対応したい場合は、OPPO RenoAと相性が良いでしょう。しかもOPPO RenoAは、「防水・防塵性能がIP67」と高いため、ちょっとした汚れ程度で痛むようなスマートフォンではありません。
OPPO RenoAには、「A.I.ビューティー機能」が搭載されています。そのため、きれいな自撮りを楽しめるようになっているため、話題のAI搭載スマートフォンを使ってみたい人にも、OPPO RenoAをオススメできます。OPPO RenoAのCPUは「Snapdragon 710」搭載となっているので、価格が安いわりにアプリ・ゲームもサクサク動くスマートフォンとなっています。
多機能・高性能・低価格の三拍子がそろっているOPPO RenoAですが、他にも、「ディスプレイ指紋認証システム」のような、ディスプレイに触れるだけでロック解除できるシステムが搭載されているのです。つまりOPPO RenoAは、安いだけでなくセキュリティにも力を入れているスマートフォンなのです。
スマートフォンの中には安さを売りにしているため、本体価格が1万円を切るものもありますが、その中には、機能・スペックが不足しているものも多いため、コストパフォーマンスが良いスマートフォンを探している場合は、OPPO RenoAを選んだほうが無難です。
そんなOPPOシリーズですが、最新スマートフォンに相当する「OPPO A5」は、カメラ性能にも秀でたSIMフリースマホとして販売されています。OPPO A5の長所は、「最大1200万画素のメインレンズ」を搭載しているところでしょう。
他にも、「パノラマ写真用119度超広角レンズ」、「ポートレート撮影を上手にこなせる2つのレンズ」を搭載しているため、カメラ性能にこだわりがあり、価格にも妥協したくない人は、OPPO A5を選ばれると良いです。
OPPO A5のインカメラは、「AIビューティー機能搭載の1600万画素」、「5000mAhバッテリー搭載」となっているので、様々な機能によって消費される電力分をカバーできる、バッテリーが搭載されている最新スマートフォンでもあります。”

Categories: 未分類.

圧倒的パフォーマンス「AQUOS R3」

“AQUOSシリーズとして有名な、AQUOS R2の後継機種に該当するモデルが、AQUOS R3です。
元々AQUOSシリーズは、AQUOS R2の時点でハイスペックスマートフォンに求められている、あらゆる機能が備わっていました。ですがAQUOS R3は、AQUOS R2に比べてスペックそのものの見直しが行われているため、次のような性能を誇るハイスペックスマートフォンとして支持されています。
まずAQUOS R3は、「処理性能(メモリ容量)が6GB」のため、他のハイスペックスマートフォンよりも高性能です。性能差を前提にして優秀なハイスペックスマートフォンを探している人であれば、AQUOS R3との相性が抜群でしょう。
補足となりますが、従来のスマートフォン20機種ほどでは、平均4GBとなっているので、AQUOS R3は、比較にならないほどの高性能となっています。そのため、従来のスマートフォンでは処理しきれなかった新作ゲームを、サクサクプレイしたい人にも、AQUOS R3をオススメすることができます。
CPUについても、AQUOS R3に搭載されているものは、「Qualcomm社製ハイエンド用SoC、Snapdragon 855(オクタコア)を搭載しているのです。そのためAQUOS R3は、高い処理性能を期待することができます。
その他のAQUOS R3の特徴は、「バッテリー容量が3200mAh」になっていることも見逃せないでしょう。従来のスマートフォンでは平均約3100mAhとなっているため、ハイスペックスマートフォンの中でもバッテリー性能の良いスマートフォンです。
補足となりますが、AQUOS R3はワイヤレス充電がQi規格対応となっています。そのため、AQUOS R3の充電時間は約150分と短いのも、最新のスマートフォンに見られる優良さでしょう。
そんな素晴らしい点が多く確認できるAQUOS R3ですが、重量に関しては注意が必要です。従来のスマートフォンの平均は約170gとなっているのですが、AQUOS R3は約189gとなっているので、長時間の操作では疲れを生じることもあるでしょう。
そんな難点を持つAQUOS R3ですが、実際のユーザーの声を参考にすると、「120Hzすごすぎ」という意見もあります。従来のスマートフォンでは60Hzとなっているため、120Hzのぬるぬる動く画面を知ってしまうと、もう古いスマートフォンには戻れないというユーザーの意見が多いのです。
しかもAQUOS R3は、docomoでは約89000円、auでは約99000円、SoftBankでは113000円の価格設定を実現しています。最安値のdocomoであれば、他よりも1万円以上安く購入できる・・・、そんなこともあって、ハイスペックスマートフォンの中でも安いスマートフォンとして、AQUOS R3が選ばれるようになっています。”

Categories: 未分類.

「MAYA SYSTEM jetfon G1701」は海外の利用で役立つ

“MAYA SYSTEM jetfon G1701は、海外に出かけることが多い、もしくは、ビジネスマンとして海外で働くことが多い人から支持されているスマートフォンです。
格安スマホにも関わらず、MAYA SYSTEM jetfon G1701は、海外での通信が1日たった380円となっており、他のスマートフォンでは、そもそも海外対応となっていないことが多いので、あえてMAYA SYSTEM jetfon G1701を購入される人も増えてきました。しかもMAYA SYSTEM jetfon G1701は、渡航先の通信の中で電波強度の高いキャリアへの自動接続が可能となっているため、ほぼ国内と変わらない環境でスマートフォンを利用することができます。
快適なブラウジングが可能なスマートフォンを探している人には、MAYA SYSTEM jetfon G1701がオススメです。国内外で利用するスマートフォンを1台にしたい・・・、そんな人もMAYA SYSTEM jetfon G1701と相性が良いでしょう。”

Categories: 未分類.

型落ちスマートフォンのメリット

“「型落ちスマートフォンはスペックが低い」と言われることが良くあります。
ですが、以下のようなメリットもあるので、スペックばかりにこだわらないほうが良いでしょう。まず、「マイナーチェンジの影響を受けている型落ちスマートフォン」は、機能の追加がされているモデルが販売されているので、型落ちスマートフォンとして販売されているだけです。
つまり、スペック上の変更点が無いこともあります。スペックにこだわってスマートフォンを選びたい場合は、このような型落ちスマートフォンを狙って購入すると良いでしょう。
他にも、スマートフォンはあまりOS、セキュリティの更新がかからない特徴があります。そのため、少し古い規格でも良い場合は、最新のスマートフォン、型落ちスマートフォンであっても、性能の差が大きく無いことは珍しくありません。
その代わり、ディスプレイ、カメラの性能は最新モデルのほうが上となっていますので、こちらにも注意してください。”https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/

Categories: 未分類.

「MAYA SYSTEM jetfon G1701」は海外の利用で役立つ

“MAYA SYSTEM jetfon G1701は、海外に出かけることが多い、もしくは、ビジネスマンとして海外で働くことが多い人から支持されているスマートフォンです。
格安スマホにも関わらず、MAYA SYSTEM jetfon G1701は、海外での通信が1日たった380円となっており、他のスマートフォンでは、そもそも海外対応となっていないことが多いので、あえてMAYA SYSTEM jetfon G1701を購入される人も増えてきました。しかもMAYA SYSTEM jetfon G1701は、渡航先の通信の中で電波強度の高いキャリアへの自動接続が可能となっているため、ほぼ国内と変わらない環境でスマートフォンを利用することができます。
快適なブラウジングが可能なスマートフォンを探している人には、MAYA SYSTEM jetfon G1701がオススメです。国内外で利用するスマートフォンを1台にしたい・・・、そんな人もMAYA SYSTEM jetfon G1701と相性が良いでしょう。”

Categories: 未分類.

型落ちスマートフォンはどれだけ値下がりする?

“型落ちスマートフォンのことを型落ちモデルというのですが、新作モデルが販売されることによって、型落ちモデルとして販売されるようになります。
値下がりのケースでは、「Xperia XZ2 Compact(2018年6月22日発売)が、9万5000円以上という相場で販売されていたのですが、新作モデルが販売されることによって、未使用品であっても6万円ほどまで値下がりしました。これは特殊なケースではなく、ほぼすべての型落ちスマートフォンに言えることです。
ちなみに、型落ちスマートフォンは年を追うごとに必ず安くなるわけではありません。ものによっては、中古品であっても4万円台のものもありますので、5万円以下になったタイミングで、型落ちスマートフォンを購入するのも賢明です。
注意点として、型落ちスマートフォンは安いので売り切れしやすいことを覚えておきましょう。そのため、かなり安い型落ちスマートフォンは、すぐにでも購入したほうが良いのです。”

Categories: 未分類.