Skip to content

仕事で役立つリモートアクセス、具体的にどんな点が便利なの?

仕事でリモートアクセスを利用するビジネスパーソンが増えてきました。利便性があるから利用されるわけですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
○急ぎ出張でもリモートアクセスがあれば安心
会社の規定によっては、社内パソコンを出張先などに持ち出してはいけないケースがあります。
だからといって使うデータを全て揃え、出張先で使うパソコンへ移動させる作業は、多くの手間と時間がかかってしまいますよね…。
急ぎの出張であれば、そもそも時間が足りない場合もあります。
こうなると、出張先で不足資料が生じるなど、業務に大きな支障が出てしまうこともあるでしょう。
○リモートアクセスなら社内データを持ち出さなくても済みます
しかしリモートアクセスを使えばこのような不便を解消することが可能でしょう。
リモートアクセスなら、出張先からでもネット環境さえあれば、社内にあるパソコンへ容易にアクセスすることができるのです。
普段の使用感はそのままにし、必要なデータを取り出して利用することができます。
突然の事態にも、柔軟に対応することができるのも、リモートアクセスがあるからこそ。
web会議 構築

Categories: 未分類.

遠隔サポートでおすすめのサービスにはどこがある?

最近、遠隔サポートを利用する人達が増えてきていますよね。
実際に、遠隔サポートサービスを提供している会社は複数ありますが、それぞれで特徴は異なります。
今回は、遠隔サポートサービスやリモートアクセスのサービスでおすすめのところを1つご紹介し、特徴をご紹介していきます。
遠隔サポートにご興味のある人は、是非ご参考のしてみてください。
○ドコス
ドコスでは、それぞれユーザーに合わせた仮想のパソコンを提供してくれ、1台からも申し込みが可能です。
IDやPCも、コントロールパネルで一括管理することができるので、利便性はとても高いでしょう。
リモートアクセスでオフィス環境にアクセスし、隙間時間を使って有効活用すれば、働き方改革を始めとした業務効率化をサポートしてもらえます。
重要なデータも仮想オフィスから持ち出す必要はなく、安全に管理することができるでしょう。
○スワンストア
スワンストアは、高セキュリティが期待できるリモートアクセスツールです。
ファイアウォール設定を変えずに使えるところも魅力。
ゲートウェイを24時間監視してくれるため、安全性が高いでしょう。
外出先やクラウド上から、社内ネットワークにあるアプリケーションサーバにリモートアクセスできるプラットフォームです。web会議 システム

Categories: 未分類.

TIS、SaaS型リモートアクセスサービス「RemoteWorks」でセキュリティ強化

リモートアクセスはとても便利ですが、一方で、情報セキュリティの強化も必要です。
クラウドサービスの利便性が評価される一方で、セキュリティ対策が透明化されていないことへの不安や、セキュリティレベルの信頼性の担保が課題となります。
そこで、東京の新宿にあるTISインテックグループのTIS株式会社では、SaaS型リモートアクセスサービス「RemoteWorks(リモートワークス)」が、クラウドサービスに特化した国際規格でもあるISO/IEC 27017に基づく「ISMSクラウドセキュリティ」の認証を取得しました。
企業がクラウドサービスを選ぶ時の目安となる、認証へのニーズも高まっています。
○RemoteWorksで情報セキュリティが守られる?
情報セキュリティ全般に関するマネジメントシステムのISMSや、品質マネジメントシステムの認証取得、プライバシーマーク取得など、各種認証取得に積極的に取り組んでいます。
第3者機関の客観的な評価による情報セキュリティ体制の整備・運用につとめてきました。
今回の「RemoteWorks」の「ISMSクラウドセキュリティ」の認証も、情報セキュリティ管理体制の強化の一環として取得しています。リモートサポート ツール

Categories: 未分類.

スマホの使い方でよくありがちな間違い

○フリーWi-Fiを使うのはセキュリティ面が心配?
街で無料で使えるフリーWi-Fiは便利ですが、セキュリティーの部分で不安があります。
中には、セキュリティーに甘いものもあるでしょう。
特にネットで買ったものを利用する時には注意が必要となります。
自分の知らないところでカード情報が盗まれてしまうこともあります。
銀行のネットバンキングなど、重要な取引をする時にはモバイル通信で行うようにしましょう。
○スマホの画面をティッシュで拭くのは間違いだった?
スマホの画面が曇っていたり汚れたりしていると、ついティッシュで拭いてしまうという人もいるでしょう。
これは間違っていないようで、実は逆効果になってしまうことがあります。
ティッシュの繊維は思った以上にキメが粗いです。
そのため、画面に細かいゴミがついてしまっている場合には、かえってダメージをあたえやすくなってしまいます。
汚れが落ちるどころか、広がってしまうこともあるでしょう。
画面をふく時には、マイクロファイバー専用のクリーニングクロスなどを使用するのが、おすすめです。
100円ショップのメガネ拭きでも代用することが可能です。iOS端末を遠隔サポート RemoteCallモバイルサポート – リモートコール

Categories: 未分類.

Soliton SecureBrowserってどんなもの?

セキュリティ機能が充実したVPN 不要のマルチ OS 型リモートアクセス用ブラウザは、専用ゲートウェイ経由で、社内 Web やクラウドサービスへの経路も限定しています。
端末へのデータ保存やデータ移動、コピー&ペーストなども制御して、データを端末に残さない設計のため、BYOD端末や、家のパソコンでも安心して利用できます。
サイボウズ株式会社では、株式会社ソリトンシステムズが提供している「Soliton SecureBrowser」の、大分県庁への導入を歓迎しています。
本製品を活用することによって、大分県庁では庁舎の外からでも「サイボウズ Garoon」へアクセスできる環境が整いました。
この取り組みとしては、働く場所を問わないという「サイボウズ」における働き方改革と、理想を共にするものです。
本製品の普及が大分県庁を始めとして、多くの自治体において、働き方改革へ役立つことを期待しています。
1979 年の設立以来、ソリトンシステムズはIT・エレクトロニクス業界にあり、常に新しい技術やトレンドを見据えて、いくつもの「日本初」を実現しています。
最近では「認証」を中心とした IT セキュリティ製品からサイバー対策製品まで、携帯電話回線や Wi-Fi を使ったHD レベルの映像転送システムなどに全リソースを投入し、取り組んでいます。
国産メーカーとしては、ニーズに応えたオリジナルの「もの創り」や「独創」にこだわった製品と、サービスを提供しています。リモートサポートツールRemoteCall

Categories: 未分類.

リモートアクセスで便利なVPNを導入するメリットとは

最近、個人でも企業でも、リモートアクセスを利用する人が増えていますよね。
リモートアクセスにおけるコスト削減を実現する技術も開発されています。
○VPNがあればリモートアクセスがもっと簡単に
普通のリモートアクセスでしたら、公衆回線網を使って社内のLAN接続する方法が取れます。
しかしながら例えばVPNであれば、「トンネリング」という技術を活用します。
出先や家などから社内LANにアクセスする時、会社のリモートアクセスサーバーに公衆回線網を介して直接接続するのではなく、ネットサービスプロバイダーのアクセスポイントに連絡し、ネット経由で安全に社内LANへアクセスすることができます。
通信品質等の問題もありますが、外出先付近にインターネットサービスプロバイダーの接続ポイントがあるなら、大幅にコストを削減することができます。
現在では、VPNで活用されるトンネリングのテクニックが、セキュリティ強化や通信コストの削減につながるとされています。
ネット経由の通信だけでなく、公衆回線網を利用した企業間通信などにも使われるようになってきました。

Categories: 未分類.

ファーウェイ・ジャパンが最新スマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」を発売!その魅力とは

ファーウェイ・ジャパンは、フラッグシップモデルとなる最新スマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」をリリースしました。
○HUAWEI Mate 10 Proってどんなもの?
HUAWEI Mate 10 Proは、超狭額縁が話題になっている近未来的なデザインが特徴です。
これまでのモデルから受け継いだ特殊なLeicaレンズをはじめ、AIプロセッサーも内蔵しており、状況に応じてベストなモードでショットできるカメラ機能を搭載しています。
ケーブルが1本あればテレビをモニタ代わりにして、操作性で動画を楽しめるパソコンモードにできるなど、とにかく利便性が高い。
まさに現代の最先端機能がギュっと一つに集約された一台と言えるでしょう。
そんなHUAWEI Mate 10 Proの魅力は多数ありますが、今回はその中の一つピックアップしてみます。
○LEICA SUMMILUX-Hレンズ
暗所でも綺麗に撮影できるのが強みです。
「f値」というのは、レンズの明るさを示す数値です。f値が小さければ小さい程レンズの明度は高くなります。
f値1.6の場合、スマホの明度としてはトップ級と言っても過言ではないでしょう。リモートサポート 無料

Categories: 未分類.

日本のメーカーのスマホは中国で人気なし?クオリティが高いのにどうして?

日本nメーカーのスマホは、最近性能もますます向上してきて、美観的にも優れているのに、なぜか中国では消費が増えません。
日本人にとってはハイクオリティなスマホばかりなのに、中国では人気がないのはどうしてなのでしょうか。
○価格が高すぎるから人気がない?
中国メディアは11月30日、「日本のスマホは素晴らしいのに、どうして中国人から人気がないのだろうか?」という記事を掲載しました。
記事は、中国産のスマホブランドが世界的に飛ぶ鳥を落とすような勢いで勢力を増しているのに対し、日本のスマホメーカーは、伸び悩んでいます。
日本の電子テクノロジーはとても発達していますが、スマホで成長できないというのは、残念な結果ですよね。
中国の消費者が思いつく日本のスマホブランドは、恐らくソニーにしかないでしょう。
見た目も性能においても優れているはずですが…。その一方で、日本のスマホには明らかな欠点があります。
それは価格が高すぎることです。
いくらビジュアルや機能が優れていても、価格が高ければそれは自爆行為でしかなく、中国人はあっさり興味を失ってしまうのです。リモートサポート アプリ

Categories: 未分類.

12月に学割も適用される?ワイモバイルが新製品を発表!Android Oneスマホなど4機種

2017年11月30日、ソフトバンクがワイモバイルの新製品発表会を催しました。
○ソフトバンクの新製品は学割もききます
新製品は「Android One」スマートフォン4機種、タブレット端末2機種、フィーチャーフォン1機種で構成しています。
12月からは学割もきくようになり、学生さんにとっては注目すべき製品となります。
○料金のわかりやすさに力を入れるソフトバンク
ソフトバンクと言えば、これまで料金プランがわかりやすくて人気があり、音声通話やデータ、留守番電話などが「コミコミ」で、毎月1480円というリーズナブルな値段を提供してきました。
10月には端末で「iPhone 6s」を発売しました。
BCNランキングによると、2017年上期のAndroidスマホの販売台数で、ソフトバンクの「Android One S2」は1位を獲得しています。
そして「同S1」が2位になったことも強調しました。
○教育も好調?さらなる拡大へ
Androidのトレーニングを受けたスタッフ「Android Ambassador」も教育しており、現在認定されているスタッフは350人にものぼります。
ここからさらに育成を進めていき、2017年度末までには600人を目指していくつもりです。
取扱う店舗は4000店に広がっており、ワイモバイルショップは全国に1000店舗にのぼります。iOS端末を遠隔サポート RemoteCallモバイルサポート – リモートコール

Categories: 未分類.

遠隔サポートを使えば様々メリットが得られます

皆さんこんにちは。今日は遠隔サポートについてのお話です。
遠隔サポートは、パソコンやスマホユーザーにとって、とても助かるシステムです。
○IT化が進む現代で、遠隔サポートは大変役立つサポートサービスです
現代はIT化が進んでいますが、日本人全員のITリテラシーが高いわけではありません。
パソコンやスマホなどの機械に弱い人たちにとっては、遠隔サポートサービスは、とてもメリットの高いものです。
最近ではクラウドサービスの普及などで、さらに専門性が増しています。
それに対応するサポートは、利用者側も提供者側も必須です。
○遠隔サポートがあれば業務を迅速に遂行することができます
このような時代の中で、遠隔サポートサービスが利用できれば、提供者側はよりスムーズなサポートが可能になるため、クライアントからの評価や信頼向上にもつながります。
利用者側においても、業務への支障を最小限に食い止めることができるでしょう。
自社で活用している機器が遠隔サポートに対応しているかどうか、今一度確かめてみてください。セキュアなPC遠隔サポートソリューション

Categories: 未分類.